雨漏りの修理方法と経費について

新築だった自宅も当然のことながら、経年とともに修繕が必要になります。



修繕箇所として多いのは、洗面所や台所といった水回りがですが、雨漏りも意外と多いので注意が必要です。
雨漏りの修理となると、大規模な工事が必要となり、高額な修繕経費がかかると思いがちですが、雨漏りの個所や度合いによっても内容は異なってきますので、まずは業者に相談することが大切です。
さもないと、家の柱など骨格の部分に雨水が浸食してしまい、万が一、柱が腐敗してしまうと致命的な欠陥になることもあるので、注意が必要です。

雨漏りの原因で多いのが、棟板金の浮きと呼ばれるもので、棟板金同士を止めている金具が経年とともに緩んでしまうことによって起こる現象で、そのままにしておくと強風などで棟板金が吹き飛ばされてしまい、二次災害を引き起こすことにもなりかねませんので、早期に対策する必要があります。
雨漏りの修理方法としては、棟板金そのものを撤去、交換する方法が一般的で、修理費用は30万円から100万円が相場となります。

その他に多いのが、瓦のひび割れになります。

この場合の雨漏りの修理方法は、ひび割れた瓦を交換するだけですから、瓦1枚当たり1万円から2万円の実費と工賃になりますが、特殊な素材を利用していると、瓦代金が高額になることもあります。

今すぐ見つかる雨漏り修理を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

このように、屋根の修理には場合によっては高額な経費が掛かりますので、平素から修繕費用を積み立てておくなどの対策が必要ですし、定期的に業者に点検してもらっておくと、早期に修繕箇所を発見できますので修繕費用を安価に抑えることができます。

毎日新聞の情報サイトはこちらです。